DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Access フォームの表示サイズ・位置  

Access 2003の場合

フォームを新規作成すると以下のフォーム プロパティの規定値が設定されることにより、フォームは以下の表示サイズ・位置になります。(フォーム ウィザードやオートフォームで作成すると以下の規定値以外が設定されることがあります。)

"AutoResize/サイズ自動修正" プロパティが [Yes/はい](規定値)
→フォームのサイズが自動的に変更され、レコード全体が表示されます。

"AutoCenter/自動中央寄せ" プロパティに [No/いいえ](規定値)
→フォームビューまたはデザインビューで開かれ、最後に上書き保存されたときの表示位置が記憶され、次回の表示の時にその位置で表示される。


フォームを好みのサイズにするには、"AutoResize/サイズ自動修正" プロパティを [No/いいえ] に設定します。フォームをフォームビューまたはデザインビューで開きます。 ウィンドウの境界線をドラッグし、フォームのサイズを変更します。 上書き保存 をクリックします。すると、次回に開いたときにこのときのサイズ・位置で表示されます。 


アプリケーション ウィンドウの中心にフォームを表示させるには、"AutoCenter/自動中央寄せ" プロパティに [Yes/はい] を設定します。
関連記事

category: Access フォーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/78-7c33e171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)