DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Windows 基礎 ファイルの関連付け  

拡張子のあるファイルをダブルクリック(右クリックメニューの既定動作)で既定アプリケション起動のしくみ
1つの拡張子に対して起動されるアプリケーションが1つとその既定のアクション(例 開く )1つが決められ、またそのファイルのアイコン表示もデフォルトのアイコンから独自のアイコンを表示することができる 。

Windowsが標準で備えている拡張子の場合OS側でマイクロソフトがあらかじめ決めている。
例( Windows 7 )
.txt    なら  メモ帳 を 開く

Windows標準以外のアプリケーション(Oficce、 画像ソフト など)の場合はそのアプリケーションをインストールしたときにインストールプログラムにより関連付けが設定される。設定内容はそのアプリケーションの設計者が決定する。

例( Office )
.xlsx  なら Excel  を 開く 


現時点での問題点
ある拡張子で複数のアプリケーションが重複する場合、あとからの設定が置き換えられる。
Windows標準以外のアプリケーションをインストールし、その後アンインストールする際にアンインストールプログラムによって関連付けが意図しない設定になるときがある。
関連記事

category: PC-全般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/63-0139faa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)