DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Kaby Lake 導入 & Samsung SSD 960 EVO 導入 その1  

2017年3月にAMDより新CPU RYZENが発売されました。一方、Intelはまもなく、Optane Memoryを投入するようです。このOptane Memoryの特徴は記憶素子に従来のNANDではなく、Micronと共同開発した3D XPointを用い、DRAMの10倍といわれるレイテンシーを実現する点にあると思います。すなわち、3D XPointはNANDと比べ、ランダムアクセス性能が高いということです。現状のNVMe SSD はシーケンシャルアクセスはSATA SSDを凌駕しています。しかし、ランダムアクセスはNVMeもSATAも大差はないようです。今まで、MVMe SSDに期待していましたが、これからは、このOptane Memoryに期待したいと思います。そんな理由で、このたびプラットフォームをOptane Memory Ready なKaby Lakeを導入することとになりました。また、M.2 PCIe NVMe SSD ウオッチャーとしては最後にSamsung SSD 960シリーズを見届けたいことから、960 EVOも併せて導入となりました。


今回導入環境は

■CPU

Kaby Lake Intel Pentium G4560 3.50 GHz

※なんとPentiumクラスでもHTに対応しました。


■マザーボード

ASUS PRIME H270-PLUS

※H270-PROとどちらにしようか悩みましたが、PCIスロットは不要なのなで、こちらにしました。


■メモリー

DDR4-2133 4G x 2


■SSD

Samsung SSD 960 EVO 250GB




IMG_20170319_153327.jpg 

ASUS PRIME H270-PLUS M.2スロット部分。

上: Samsung SSD 960 EVO 250GB  下: Intel SSD 600p


ASUSは、200シリーズよりすべてのマザーボードでM.2スロットを2個装備しているそうです。

上のM.2スロットのみOptane Memory対応です。また、下のM.2スロットはPCIe接続の場合、PCIe 3.0 x 2となります。ですので、帯域の上限は約2GB/sとなりますので、Intel SSD 600pであれば、インターフェイスがボトルネックとなることはありません。


今回はここまでです。





関連記事

category: PC-M.2 PCIe NVMe SSD

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/376-483e59f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)