DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Boot Option(NVRAMブート変数)とBCD内エントリーの不整合  

Windows 8-10 、または、Windows 8-10 とLinuxのマルチブートを使用している場合、Boot Option に重複してWindows Boot Managerエントリーが登録されたり、Linux系のブートエントリー(例 Ubuntu )の残骸なのどが残るなど、Boot Option(NVRAMブート変数)とBCD内エントリーの不整合が生じることがります。その理由についてはこちらをご覧ください。
さて、その解消策ですが、マイクロソフトの下記URLに記載されています。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc749510(v=ws.10).aspx
しかし、少しとっつきにくいようです。

そこで、自分なりに手順をまとめてみました。

・Bcdedit /export savebcd
BCDのバックアップをとる。
バックアップBCDファイルがカレントディレクトリに作成される。

・Copy savebcd newbcd
修正用BCDをシステムBCD(現在使用中の)からコピーし作成する。

・Bcdedit /store newbcd /delete ID
修正用BCDのファームウエアエントリーの重複するもの、不要なものを削除する。これで、まず、BCD内のエントリーをきれいにする。
削除対象のファームウエアエントリーIDはあらかじめ調べておく。

・Bcdedit /import newbcd /clean
修正用BCDをシステムBCD(元のBCD)に戻し、すべてのBoot Option(NVRAMブート変数)を削除する。

・BCDedit /enum /firmware
BCDのファームウエアエントリーよりBoot Option(NVRAMブート変数)がゼロから生成され、同期がとれる。

もしものときは、バックアップsavebcdからインポートすればいよい。




関連記事

category: PC-HW

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/364-6038e06a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)