DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Ubuntu 16.04 をUSBメモリよりUEFIブートで起動する方法  

USBメモリを作るまではWindows で作業します。そのやり方の解説などです。もちろん、Windows以外のOSでも可能ですが(笑)

ネットよりISOイメージファイルをダウンロードし、その圧縮ファイルを作業用フォルダに展開する。

展開したISOファイルを右クリックし、マウントを実行する。

すると、ISOファイルの中身が見えるようになる。その全てのファイルをUSBメモリにコピーする。

USBメモリはあらかじめ、FAT32でフォーマットしておく。容量は4GBもあれば十分です。

Ubuntuを起動したいPCにこのUSBメモリを挿す。

PCの電源を入れ、F2 or Del キーを連打し、BIOS画面に入る(キーはBIOSベンダーにより異なる)

BIOSのBoot or Exit メニューのBoot Overrideに表示されている項目のなかにあるUEFI: ~USBメモリ型番~を選択し実行する。

すると、GRUBが起動する。そのメニューにある「Try Ubuntu without installing(インストールなし起動)」を選択し実行する。

ubuntuが起動する。


注意! 上記でUbuntuを起動した場合、起動したUSBメモリはUbuntuからは見えず、その中のデータもアクセスできません。


root権限でターミナルを使う。

ターミナルを起動し、sudo -s を実行する。プロンプトが$から#になればOKです。作業をした後はexitで抜ける。プロンプトが$に戻る。


ファイルやディレクトリのアクセス権を変更する

chmod 777 target-filename  777で全ユーザーに全権付与

ls -l でアクセス権が表示される。所有者 - グループ - その他 の順で表示。 x は実行する権限。


Intel グラフィックドライバのインストール

ドライバダウンロード

https://01.org/linuxgraphics/downloads

intel-install-graphics-installer を実行



関連記事

category: PC-全般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/344-364f047f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)