DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

遂に購入!M.2 PCIe SSD SM951-NVMe その7  

SM951-NVMe 使用の際の留意事項

SM951-NVMeは基本的には組み込み向けの製品です。しかし、それが例外的に流通し、小売店よりバルク販売され、一般消費者の手元に届きます。そのため、その使用にあたってのサポートはサムスンからは一切ありません。したがって、次の項目がその実装・運用にあたりハードルとなります。

1.マザーボード(UEFI)でのNVMeサポートが必要(起動ドライブとして使用する場合)
 SM951-NVMeは従来のSATA(AHCI)接続ではなくPCIe(NVMe)接続なため、マザーボード(UEFI)でその対応が必要になります。SM951-NVMeはOptionROMを持たず、UEFI側で起動ドライブとして認識されるように想定されているようです。したがって、SM951-NVMeを起動ドライブとして実装するためには、UEFI側でSM951-NVMeを起動ドライブとして認識できることが求められます。現在のところ、インテル9シリーズでは主要メーカーはUEFIのアップデートで対応している模様です。また、100シリーズでは主力製品ついては対応していると思わます。

2.PCIeスロット・M.2スロットに装着する際は帯域が32Gbps以上のスロットに装着
 SM951-NVMeはPCIe 3.0 x4 での接続をサポートしており、その性能を発揮するにはスロット側もこの帯域が必要になります。インテル100シリーズのマザーボードのM.2スロットはPCIe 3.0 x4で接続できるようです。


3.Windowsで使用する場合はインボックスドライバを使うしかない。
  Win 10 バージョン 1511では最新の「標準 NVM Express コントローラー」で検証した結果、問題なく稼働している。
nvmedrv.png



4.ユーティリティーがない
 通常リテール販売のSSDには専用ユーティリティーが付属します。それにより、運用・保守が容易になります。ユーティリティーがないため、SATA ( AHCI )のSecure Eraseに相当する“Format NVM”コマンドが発行できず、SSDを初期化できない点が課題となっています。


5.ファームウエアがアップデートされない
 本来、組み込み向けですので当然といえば当然です。現状、大きな影響はないと思われます。



関連記事

category: PC-M.2 PCIe NVMe SSD

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/297-6513339c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)