DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

自動車・バイクにより事故に遭ったとき  

前提条件①人身事故となり被害者になった。②加害者が任意保険に加入していた。

まずは、いったん落ち着こう。

加害者の情報を押さえる(ナンバー・免許証・車検証・自賠責・任意保険会社の連絡先を控える。)

つぎに必ず警察へ連絡する。(後で事故証明書が必要になる)

その場で、加害者と直接示談はしない。

現場の状況を押さえる(携帯で現場の写真を撮る、目撃者を捜す)

治療
ほとんどの場合、診療費は病院より自賠責保険会社に一括請求されるため,診療費の自己負担は原則なし。一括請求の際に病院より、自賠責診断書・自賠責診療明細書が自賠責保険会社に提出される。

治療が落ち着いたら、示談の準備
損害賠償を求める額を確定し、加害者の任意保険会社に請求をする。

任意一括制度
自賠責と任意保険を1つの保険として処理し、二度手間を省く手続き。加害者が任意保険に加入していれば、被害者との折衝や書類の作成を保険会社が行う。

交通事故証明書
自動車安全運転センターが発行。事故が起きた事実をを証明する書類。しかし、ケガの程度、被害の金額,過失割合は記載されない。被害者が診断書を警察に提出すると人身扱いになる。

関連記事

category: 知っておきたい知識

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/283-ff1d6554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)