DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

USB3.0を活かす周辺機器  

USB3.0を活かす周辺機器として、今、ポータブルHDD(当然USB3.0対応の製品)がおすすめです。

USB3.0でUSBのコネクターより給電できる量がより多くなり、ポータブルでもACアダブターなどは不要ですので、手軽さはUSBメモリー感覚です。

当然、転送速度はUSB3.0対応ですので、内蔵HDD並の速度が出ますので、ストレスなく巨大ファイルのコピーなどができます。また、システムのバックアップ先としても最適で、高速な転送速度により、短時間でバックアップが終了します。

USB3.0対応ポータブルHDDの製品価格も500GBモデルで7000円程度と手軽になってきました。

USB3.0対応USBメモリーの大容量モデルは価格は高いし、転送速度はポータブルHDDより遅い製品が多く、あまりおすすめできません。もちろん、高速化を売りにした製品もありますが、実際に購入してみて、使ってみると値段の割に、期待した転送速度が速くない場合などがります。高速転送速度を期待して、USB3.0対応USBメモリーを購入される場合は、実際どのぐらいの送度がでるのか、ネットで情報を調べてからが無難と思います。

一方で、ポータブルSSDもありますが、現在のところ、メリットとしては耐衝撃性ぐらいしかなく、コストと転送速度のバランスが悪いように思います。とにかく、製品としてあまり、実績がないので、様子見がベストではないでしょうか?
関連記事

category: PC-USB 3.0

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/207-3520178b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)