DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Windows プリンター 用紙サイズ  

印刷アプリケーションとプリンタードライバ(プリンター用の設定画面)の関係

印刷の際、用紙サイズ、向きは一般的にプリンタードライバで指定せず、アプリケーションで指定する。


プリンターに用紙をセットする向き(ヨコ置き、タテ置き)について

各プリンターには用紙をセットする向きが決められています。トレイにタテ置きかかヨコ置きかどちらでセットするのかなど、プリンターのマニュアルに書いてあります。また、用紙サイズによってセットする向きが違う場合もあります。このプリンター側の用紙のセットの向きはアプリケーションのページ設定の方の「印刷の向き」とは関係はありません。アプリケーションの印刷設定が「縦向き」だからといってプリンターの用紙のセットも「タテ置き」にしないといけないことはありません。印刷データが「よこ」の設定だろうが「タテ」の設定だろうがプリンターの用紙の向きを変えず、印字の際に「タテ」「ヨコ」を判断して用紙の向きが一致しないときは印字方向を切り替えて印刷データを制御し印刷結果として「タテ」「ヨコ」を印字分けしていると思われます。プリンター側の用紙のセット方向は単にプリンターにどちら向きで用紙を給紙させるかの指定なのです。これは各プリンターでの設計上の都合によるものと思われます。


用紙カセットについて

レーザープリンターでは用紙トレイ(カセット)が装着されていることが多く、様々なサイズの用紙をセットでき、また、用紙トレイ(カセット)を2段3段増設して用紙を入れ替える手間なく様々なサイズを印刷することができます。このとき、セットした用紙のサイズを設定するダイヤルが用紙トレイ(カセット)にあり、これをセットした用紙のサイズにに合わせます。このことによりプリンターは「この用紙トレイ(カセット)にはどんなサイズの用紙が入っているか」がわかるのです。ですから、用紙のサイズを変更したときは忘れずに用紙トレイ(カセット)のダイヤルを用紙サイズに合わせましょう。 手差しトレイの場合は用紙トレイ(カセット)のようなダイヤルはなく、プリンターのパネル操作で用紙サイズを設定したり、プリンタードライバーで指定したりと、各プリンターによって設定の仕方が違います。ので、手差しトレイを使った印刷の際はプリンターのマニュアルをよく読んでから作業をしてください。

関連記事

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/150-fd287dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)