DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Access フォーム コンボボックス攻略!  

フォームを作成する上で避けて通れないコントロールが、このコンボボックスです。使用頻度はテキストボックスに次いで高いのではないでしょうか?。一見簡単そうですが、各プロパティをいじっくって調整しないといけません。また、注意しないといけない点もあります。一度、ウィザードを使わずに作成してみて下さい。仕組みがよくわかります。以下、私の個人的にしっくりきている使い方を記します。

1. 例えば、売上入力フォームの販売した社員番号を入力する際、アシストするためにコンボボックスのドロップダウンリストから社員番号と社員氏名の組みで表示させ、社員氏名から判別し選択することで社員番号を格納する。このように、マスターテーブルの主キー値を入力する補助としてキー値を特定できる値を表示させることを一般的に前提としているようです。

2. ドロップダウンリストは主キー値は非表示にし、格納値として設定し、キー値を特定できる値を1列表示させます。上記の例では社員番号は非表示で社員氏名を1列表示する。

3. ドロップダウンリストの各列を「表示する」「表示しない」を制御するのは、なんと"ColumnWidths/列幅" プロパティで該当列の幅を0cmにするそうです。なんか原始的な感じですね。

4. 上記のように設定した場合、コンボボックスのテキスト ボックス部分に表示される値は社員氏名であり、社員番号ではありません。しかし、実際にコンボボックスに格納されている値は社員番号です。この点は勘違いしやすい部分ですので注意が必要と思われます。

関連記事

category: Access フォーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/111-e304b73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)