DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Access フォーム IME 関連 プロパティ  

フォームのテキストボックスなどでは、IME の制御が使いやすさを左右します。以下にそのためのポイントと解説を書きます。


・テーブル定義でテキスト型のフィールドを作成すると規定値でIME 入力モード:オン、一般の設定がされる。

・フォームウィザード、オートフォームなどで作成するとテキストボックスなどの IME 入力モード はコントロールソースのフィールドの IME 入力モード 設定が継承されます。

・フォームデザインでテキストボックスなど新規で貼り付けるとIME 入力モード:コントロールなし、 一般が規定値で設定される。

・できるだけIME の設定はフィールドでしておくとフォームのほうで修正は不要と思われます。

・IME 入力モード プロパティ
[コントロールなし]→フォーカスが移動する前の設定が、そのまま使われます。
[使用不可] →IME 入力モードの設定を変更することはできません。当然、半角英数でしか入力できません。
[オフ]→IME 入力モードをオンにします。

・IME 入力モード プロパティ の[使用不可] と[オフ]の違いは[オフ]はそのテキストボックスにフォーカスが移動するとオフにはなるが、その後手動でオンにすることができます。[使用不可] は」それができません。

・人名や住所などの場合は[オン]で人名/地名に設定し、電話番号などは[使用不可]にするとユーザーはIME を切り替えなくて済みます。
関連記事

category: Access フォーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dxr165.blog.fc2.com/tb.php/102-34065b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)