DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

WD SSD Dashboardの使い勝手  

!!注意!!
ここで紹介する機能はSSDのデータを完全に削除する強力なものです。また、状況によりSSDを破壊する可能性もあるようです。実行の際は自己責任でお願いします。



WD SSD Dashboardの使い勝手

バージョン 2.2.0.1(2017/09/24現在最新)を先日購入したWD BLUE 3D NAND SATA SSDで使用してみました。WD BLUE 3D NAND SATA SSD購入記の記事はこちら

そのユーザー・インターフェイスを見て明らかなように実態はSanDisk SSD Dashbordと同じです。違いはWD製DashboardはWD製SSDのみ対象、また同じく、SanDisk製DashboardはSanDisk製SSDのみ対象です。

スッキリとしたデザインでどこにどんな機能があるのかがすぐにわかり使いやすいと思います。また、機能も豊富な方です。SecureErase用のUSB起動ドライブを作成する機能があるのでとても助かります。

WD BLUE 3D NAND SATA SSDを今度はシステムドライブでベンチをとるため、このUSB起動ドライブによりWD BLUE 3D NAND SATA SSDをSecureEraseしてみます。

手順
ツールのErase Drive タブを選択し、Sanitize の「USB起動ディスク ボタンを作成」をクリックする。
作成したUSB起動ディスクをWD BLUE 3D NAND SATA SSDを装着してあるPCに挿す。
PCを再起動し、起動ドライブ選択画面(ASUSU製マザーボードはPOST時にF8キーを連打)を出しUSB起動ディスクを選択する。
選択画面で、USB起動ディスクの名称の頭にUEFI:とついているものついていないものと2つあるときはついていない方を選択する。
なぜか、このUSB起動ディスクはUEFIブートすると起動に失敗します。そのため、MBRブートします。UEFI BIOSがUEFIブートのみサポートする設定になっている場合はその設定をレガシブート設定に変える必要があります。



USB起動ディスク起動後の画面(中身はLinuxのようです)
IMG_20170924_094053.jpg


対象のドライブをよく確認してEnterキーを押下
IMG_20170924_094133.jpg


Sanitizeが始まります。進捗状況を示すグラフが表示されます。
IMG_20170924_094216.jpg


Sanitize終了。250GBモデルで30秒もかかりませんでした。
IMG_20170924_094241.jpg


あとは、TABキーを押下し、Exitを選択しEnterキーを押下しPCをシャットダウン。


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

WD BLUE 3D NAND SATA SSD 購入しました その1  

2017/09/17 記事一部更新
WD BLUE 3D NAND SATA SSD M.2 2280 250GB 購入しました。

なぜ、このSSDにしたのか
SSD高容量化の切り札となる3D NANDですが、その本命といわれる64層3D NANDを搭載しているからです。各社がこれを順調に量産すれば、SSDの容量単価は現在よりもさらに下がると思われます。一方、Intel もウェスタン・デジタルとほぼ同時期に64層3D NANDを搭載したSSD 545s Seriesを発売しました。しかし、その製品ラインナップはウェスタン・デジタルのそれと比べ2.5インチタイプ 2アイテムと少なく、私はM.2タイプが欲しかったので、ウェスタン・デジタルのこの製品を選択しました。

なぜ、M.2タイプなのか
Intel 9シリーズチップセット搭載マザーボードより普及の始まったM.2ですが、その当時より私はSAMSUNG XP941 なるM.2 PCIe  SSDを導入し、以降今日まで、M.2 PCIe NVMe SSDを4製品使用してきました。その経験を経て、M.2 SSDには次の利点があるように思います。1つ.SSDの設置が非常に簡単で短時間に終えることができる。2つ.SSDドライブがオンボードで済む。3つ.2.5インチタイプのようにドライブ毎に電源コネクタをつけなくてよく、SATAケーブルも不要です。このように、いいことばかりです。2.5インチタイプとの価格差もほぼなくなり、容量も2テラバイトの製品も登場するほど高容量化しています。また、現在発売されているマザーボードもほぼすべてM.2スロットを搭載しています。今後、SATA SSDもM.2タイプが主流になるように思われます。


それでは開封!

パッケージ表
IMG_20170913_202138.jpg
製品名に3D NAND SSDと明記しているあたりは意気込みが感じられます




パッケージ拡大
IMG_20170913_202202.jpg 
このシールは国内代理店が貼ったようです。「国産 64層」が目を引きます。




パッケージ裏
IMG_20170913_202409.jpg
箱の中央に製品基盤が見えるように穴が開いています。




外箱の中身
IMG_20170913_202555.jpg 
中身はこれだけです。



基盤拡大
IMG_20170913_202713.jpg 
パッケージの写真と基盤に貼ってあるシールのデザインが少し異なります。 



基盤裏面
IMG_20170913_202726.jpg 
最近のトレンドなのでしょうか?片面実装です。


第1世代のBLUE SSDとの製品識別について
2017年9月現在、第1世代のBLUE SSDとBLUE 3D NAND SATA SSDは併売されています。よって、BLUE 3D NAND SATA SSDを購入した方は以下の点にご注意いただき、誤って第1世代のBLUE SSDを選択しないようにしてください。

パッケージデザイン(外箱)
ほぼおなじのようですが、製品名に3D NAND SSDと記載があるか否かで区別できます。

SSD基盤本体
これまた、ややこしいのですが、第1世代のBLUE SSDとほぼ同じですが、製品名に3D NAND SSDと記載があるか否かで区別できます。


M.2 250GBの型番
第1世代→  WDS250G1B0B
3D NAND→WDS250G2B0B



次に、装着!
IMG_20170913_204023.jpg 
ねじ止め1本で超簡単です。



装着後の様子
IMG_20170913_204045.jpg




この製品の3D NANDについて
海外のPCレビューサイトの情報によると、この製品に使わている3D NADNは東芝・ウェスタンデジタル(サンディスク)連合が開発した第3世代 BiCS FLASH 64-Layer TLC だそうです。おそらくこのBiCS FLASHはの東芝の三重県四日市工場で生産されたものでしょう。東芝メモリにはこれから、このBiCS FLASHで頑張っていただきたいものです。やはり、国産のものは親近感がありますね。



 
それでは、お決まりのベンチです。

今回導入環境は
■CPU  Kaby Lake Intel Pentium G4560 3.50 GHz

■マザーボード  ASUS PRIME H270-PLUS BIOS Ver. 0808

■メモリー  DDR4-2133 4G x 2 Dual-Channel Mode

■SSD  システムドライブ:Samsung SSD 960 EVO 250GB

■SSD  データドライブ:WD BLUE 3D NAND SATA SSD M.2 2280 250GB
                                   ファームウェア Ver. X61130WD

ベンチ結果(データドライブで計測)
wd blue ssd 
シーケンシャルアクセスはリード、ライトともに良好です。
ランダムアクセスの4KリードもSATAとしては平均以上。


その1はここまでです。



category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

SSD Secure Erase  

!!注意!!
ここで紹介する機能はSSDのデータを完全に削除する強力なものです。また、状況によりSSDを破壊する可能性もあるようです。実行の際は自己責任でお願いします。


SSDを初期状態にリセットする Secure Erase をやってみました。何やら、Windows 8から仕様変更で、Windows 8上のSSDユーティリティからは実行できないそうです。今後のこともあるので、あえて、Windows 7 は使わず、各メーカーが用意したやり方でやってみました。

Secure Eraseは、SATA ( AHCI )のストレージのコマンド群の1つで、SECURITY ERASE UNITのことを指すようです。SSDだけのコマンドではないようです。これによりSSDを初期状態に戻すことができます。このSecure EraseにはSSDの管理領域だけをクリアする場合と、それに加え、NANDフラッシュメモリーの消去も実行する場合と2通りあるようです。
NVMeでは、“Format NVM”コマンドとなる。



Samsung 840 編
専用ユーティリティSamsung Magicianで起動USBを作成するが、このとき利用するOSがなんとFree DOS を使うようです。ここで、注意、DOS なのでUEFIブートに対応していないので、UEFI環境下ではCSMを利用できるようにし、また、Secure Bootもオフに設定が必要です。
IMG_20150409_082106.jpg



Samsung XP941 編
バルク販売ですので、専用ユーティリティがありません。フリーのユーティリティだった Parted Magic を使います。Linuxですね。現在のところ、フリーとして、安全に使えるのはpmagic_2013_08_10_reconstructed_v2.iso らしい。
Enhanced Secure Eraseも成功、パスワードの設定が必要だった。
IMG_20150413_070034.jpg

Parted Magicでうまくいかない場合があるようです。その時は、Linuxの1つであるUbuntuのコンソールから、hdparmコマンドにより、SSDのコントローラーへsecurity-erase-enhancedを送信します。XP941はenhanced eraseをサポートしている。

sudo hdparm -I /dev/sdX
sudo hdparm --user-master u --security-set-pass password /dev/sdX
sudo hdparm --user-master u --security-erase-enhanced password /dev/sdX
備考
sdXのXはディスクユーティリティーで調べておく。間違えると大変。SSDがfrozen状態のときはUbuntuを10秒ぐらいサスペンドさせる。


SanDisk Ultra 2 編
専用ユーティリティDashBord で起動USBを作成します。OSはLinuxのようです。UEFIブートにも対応しています。ここで、注意、UEFIブートの際はSecure Bootをオフに設定する必要があります。
edit_IMG_20150410_045134.jpg

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

LIFEBOOK AH45/M (UEFI Win 8.1)をHDDからSSDに換装  

HDD 750GB -> SSD 250GB へ縮小コピー
コピーソフトはアーク情報システム HD革命/CopyDrive Ver. 6 ( UEFI-GPT 対応 )
起動ドライブはUEFI でしかもOEMパーティションがあり難易度 高
所要時間 30分強ぐらい
結果 
概ね成功。メーカー独自バックアップツールも起動を確認
不具合 
回復環境のイメージの場所が消える -> 「PCのリフレッシュ」と「PCのリセット」が使えない
解決策 -> reagentc で回復イメージの場所を登録

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

ノートパソコンのSSD換装 UEFI-Windows 8/8.1の場合  

一度使ったら、もうHDDには戻れないSSDですが、まだまだ、標準搭載はされていないようです。そうなると、自分で換装するしかあいません。しかし、ここで、よーく注意することがあります。それは、最近のWindows PCはUEFI GPTの起動ディスクであり、そのパーティション構成、起動機構も従来から変更されており、十分な知識がないと「深い沼」にどっぷりとはまってしまいます。

以下追って加筆していきます。

従来のBIOS MBRと全く異なる。

UEFIiの設定の起動順位の確認

システムパーティションの確認

ドライブをコピー時の注意事項
すべてのシステムパーティション、OSパーティションを配置順位

GUID管理


\\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition2\Recovery

回復環境の再設定

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

Windows DISKPARTコマンド便利技  

■便利技その1■
Windows PCでのドライブを取り扱う上で必須のコマンドが DISKPART です。しかし、コマンド・パラメーターを手入力しなければならず面倒です。そんなとき、一部のパラメーターは短縮記述できます。

list -> lis
select -> sel
disk -> dis
partition -> par
volume -> vol

実行例
DISKPART> lis dis

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
### ミック
------------ ------------- ------- ------- --- ---
* ディスク 0 オンライン 232 GB 0 B *

DISKPART> sel dis 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> lis par

Partition ### Type Size Offset
------------- ------------------ ------- -------
Partition 1 回復 768 MB 1024 KB
Partition 2 OEM 768 MB 769 MB
Partition 3 システム 260 MB 1537 MB
Partition 4 予約 128 MB 1797 MB
Partition 5 プライマリ 116 GB 1925 MB
Partition 6 プライマリ 94 GB 118 GB
Partition 7 回復 20 GB 212 GB

DISKPART> sel par 7

パーティション 7 が選択されました。

DISKPART>


■便利技その2■
ディスク・パーティションの詳細な情報を表示する
対象を選択してからDETAIL( det ) DISK / PARTITION

実行例
DISKPART> det par

パーティション 1
種類 : de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
隠し属性 : はい
必要 : はい
属性 : 0X8000000000000001
オフセット (バイト): 1048576

Volume ### Ltr Label Fs Type Size Status Info
---------- --- ----------- ---- ---------- ------- --------- --------
* Volume 2 Windows RE NTFS Partition 768 MB 正常 非表示


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

USBメモリーでWindows OSをインストールする方法  

今、ナウいヤングはUSBメモリーでWindows OSをインストールするらしい。光学ドライブをブンブンぶん回して、インストールなどしないそうな!して、その方法は

8GBぐらいのUSBメモリーを用意する。

FAT32形式でフォーマット
レガシーBIOSモードでは、USBメモリーのパティションをアクティブにする等必要な場合があるようです。しかし、UEFIモードではブートコードなどは参照されないので、その必要はないようです。

インストールメディアからファイルをコピーする。

そして、このUSBメモリーをぶっさして、スイッチオン。
事前に、BIOS/UEFIの起動ドライブをUSBメモリーにしておく。

すると、セットアップが始まればしめたもの。

備考
古いマシンではUSBメモリーを起動ドライブとして認識しない場合あります。


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

Intel Rapid Storage Technology ( IRST )  

Intel Rapid Storage Technology ( IRST )とはIntel が作成したSATA AHCIドライバーとユーティリーティーソフトと思われます。Windows 8 のインボックスドライバーは標準 SATA AHCI コントローラですので、IRST のそれはIntel製チップセットのSATA コントローラに特化したものと思われます。

IRSTとよく非常に良く似た略語にISRT があります。ISRTとはIntel Smart Response Technologyの略で、SSDの一部(容量小さい場合は全部)をキャッシュにして、HDDを高速化する機能のようです。

2015/3/8追記
Intel Rapid Start Technology(上記のIntel Rapid Storage Technologyと非常に紛らわしい!)はスリープみたいな機能のようです。


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

SSD基礎知識  

NANDメモリの種類
SLC/MLC
SLCは一つのメモリセルに1bitを記憶するタイプ。MLCは多bitを記録する。複数のbitを記録できるMLCは大容量化に有利だが、高速性、信頼性の面でSLCに劣る。

NANDメモリとはUSBメモリーやMicro SDカードの中にはいっている記憶できる半導体です。

NANDメモリの16チャンネル並列アクセスを搭載したコントローラを採用した製品が一般的。


SSDはBIOSやWindows上ではHDDと同じように認識されており、OSのインストールなどもHDDと同じように行なえる。


AHCI
AHCIは、それまでのIDEとの互換性を捨て、Serial ATAに最適なコマンドやデータ転送のプロトコルを新たに標準化したコマンド体系。Windows Vistaからは特別なドライバのインストールなしにAHCIが利用できるようになったた。

フラッシュメモリとは、外部からの電気の供給が止まってもデータを残すことができる不揮発性メモリで、パソコン部品でメモリと呼ばれているDRAM(SDRAM)メモリなどの揮発性メモリとは種類が異なる。

フラッシュメモリにはデータの信頼性が高いNOR型フラッシュメモリなどいくつか種類がありますが、SSDには大容量化しやすい、書き込みが早いなどの優位性により、1984年に東芝が開発したNAND型フラッシュメモリが使用されています。

SSDの最適化
/デフラグ
Windows VistaではSSDを利用する場合はデフラグを無効にする。

Windows 7の場合、SSDが比較的新しい製品であれば、自動的にSSDと認識してデフラグをオフに設定される。

Windows 8の場合はOSがSSDと認識し、Trimコマンドを発行する機能にかわる。

/SuperFetch
Windows Vista ,7 の場合はサービスを止め、レジストリも無効化する。
Windows 8 の場合はOSの自動設定に任せ、何もしない。


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

2013年8月SSD最新動向  

SSD価格動向

SAMMSUNGがTLCのフラッシュメモリ搭載の製品で低価格化を牽引


新しいインタフェース動向

SATA 6Gbps からPCIE SSDへ(SATAがボトルネックになっている)

フォームファクタ規格 M.2(旧NGFF)

プロトコルはAHCIからNVM Express (AHCIは本来HDD用のIFでSSDにはボトルネック)


クライアントPCではPCIE-AHCIのSSDが製品化
ソニー VAIO Pro  13のカスタマイズで「ハイスピードSSD (PCIe 20Gb/s)」の名称
Appleの新型「MacBook Air」

SAMMSUNGはPCIe-NVM Express のコンシュマーSSDを 2014年に製品化する可能性があると思われる。


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

普及価格帯パソコンにもSSD搭載を!  

先日に記事にも書きましたが、メインで使用しているノートパソコンをHDDからSSDに換装しました。その後、1カ月経ちましたが、その快適さからもうHDDには戻れないと強く思うようになりました。今まで、なかなか改善されなかった「電源オンからすぐに使えない」という不満な点がSSDの出現でほぼ解消されたのです。CPUが進化してもなかなかこの点は改善されませんでした。この「電源オンからすぐに使えない」という不満は多くのパソコンユーザーが思っていることと思います。また、今、パソコンユーザーがタブレットに流れているという話題をよく聞きますが、原因の1つにこの点もあるのかもしれません。パソコン人間の私としては、普及価格帯パソコンにもSSDを搭載してこのメリットを打ち出せばもっと売れるのではと思います。コスト的にはCPU、ドライブを削ればSSDに捻出できるのではないでしょうか?

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

光学ドライブと記録メディア  

2013/08/25 現在 主流と思われる光学ドライブと記録メディア


DVDスーパーマルチドライブ
CD-R(650MB,700MB)
DVD-R 1層(4.7GB)

ブルーレイディスクドライブ
上記に加え、BD-R 1層(25GB)


category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

ノートパソコンのHDDをSSDに換装しました。  

念願のノースピンドルPCが実現しました。アプリ、OSの起動の速さは感動ものです。換装して大正解です。

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

HDD/SSDインタフェース規格  

ATA/ATAPI-6 UltraATA/100 転送速度 最大100 MB/s
シリアルATA 3.0 (Serial ATA Revision 3.0) 転送速度 最大600 MB/s

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

SSDは本命か?  

今ノートPCでも搭載されようになったSSD。システムドライブとしては最適だが、その容量でも高価だ。低価格が普及のカギ。しかし、そのペースは加速していないようだ。

category: PC-SSD-全般

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)