DXR165の備忘録

自分用の備忘録です。

Windows 印刷 いろんな印刷  

Windows PCでの印刷でもとっも多いのがOfficeアプリケーションからの印刷ではないでしょうか?

Wordでは文章を印刷するために、文章を打ちこみ、レイアウトします。もちろん、電子ペーパー的な使い方でWordのファイルを添付して電子メールで送るという使い方もありますが、多くは「紙」で印刷するためにWordを使います。ですので、最初のページ設定などで用紙サイズなどを決めます。WordはOfficeアプリケーションの中でも印刷操作はしやすいようです。

ところが、Excelはまずシートありきといった感じですので、ページという概念がありません。ので、シートをどのように印刷用紙にはめ込んでといったことを考えないといけません。ここが、Excelは印刷しにくいと言われる所以と思われます。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

Windows プリンター 用紙サイズ  

印刷アプリケーションとプリンタードライバ(プリンター用の設定画面)の関係

印刷の際、用紙サイズ、向きは一般的にプリンタードライバで指定せず、アプリケーションで指定する。


プリンターに用紙をセットする向き(ヨコ置き、タテ置き)について

各プリンターには用紙をセットする向きが決められています。トレイにタテ置きかかヨコ置きかどちらでセットするのかなど、プリンターのマニュアルに書いてあります。また、用紙サイズによってセットする向きが違う場合もあります。このプリンター側の用紙のセットの向きはアプリケーションのページ設定の方の「印刷の向き」とは関係はありません。アプリケーションの印刷設定が「縦向き」だからといってプリンターの用紙のセットも「タテ置き」にしないといけないことはありません。印刷データが「よこ」の設定だろうが「タテ」の設定だろうがプリンターの用紙の向きを変えず、印字の際に「タテ」「ヨコ」を判断して用紙の向きが一致しないときは印字方向を切り替えて印刷データを制御し印刷結果として「タテ」「ヨコ」を印字分けしていると思われます。プリンター側の用紙のセット方向は単にプリンターにどちら向きで用紙を給紙させるかの指定なのです。これは各プリンターでの設計上の都合によるものと思われます。


用紙カセットについて

レーザープリンターでは用紙トレイ(カセット)が装着されていることが多く、様々なサイズの用紙をセットでき、また、用紙トレイ(カセット)を2段3段増設して用紙を入れ替える手間なく様々なサイズを印刷することができます。このとき、セットした用紙のサイズを設定するダイヤルが用紙トレイ(カセット)にあり、これをセットした用紙のサイズにに合わせます。このことによりプリンターは「この用紙トレイ(カセット)にはどんなサイズの用紙が入っているか」がわかるのです。ですから、用紙のサイズを変更したときは忘れずに用紙トレイ(カセット)のダイヤルを用紙サイズに合わせましょう。 手差しトレイの場合は用紙トレイ(カセット)のようなダイヤルはなく、プリンターのパネル操作で用紙サイズを設定したり、プリンタードライバーで指定したりと、各プリンターによって設定の仕方が違います。ので、手差しトレイを使った印刷の際はプリンターのマニュアルをよく読んでから作業をしてください。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

Windows プリンター ページ記述言語の種類  

レーザプリンターでのページ記述言語(プリンタードライバとプリンターとの間のやり取りの言葉)の種類

NPDL
NECのレーザープリンターに搭載されているページ記述言語です。

ART EX
FUJI XEROXのレーザープリンターに搭載されているページ記述言語です。

RPCS
RICOHのレーザープリンターに搭載されているページ記述言語です。

LIPS LX
CANONのレーザープリンターに搭載されているページ記述言語です。

Post Script
アドビシステムズの開発したページ記述言言です。ページ記述言語の代表的的存在です。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

Windws 8 印刷機能  

Windows 8 では、バージョン 4 または V4 と呼ばれる新しいプリンター ドライバー アーキテクチャが導入されたそうです。

その特徴
サイズが小さくて高速なプリンター ドライバーを生成できる。
印刷クラス ドライバー フレームワークの概念がサポートされる。

備考
V3 は、Windows 2000 ~ Windows 7 で使われていたアーキテクチャ。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

Windows プリンター 便利活用法 印刷設定  

1つのプリンターでカラーとモノクロなどを使い分けて印刷したいとき、印刷のたびに、プリンターのプロパティの設定を開き、モノクロ設定をしていてはとても面倒です。そこで、あらかじめ、カラー用のプリンター設定、モノクロ用の設定をしたプリンタードライバを追加しておきます。印刷したいアプリケーションでプリンターを切り替えるだけで済みます。

Windows 7 以降では「デバイスとプリンター」で同じポートに同じプリンターを複数インストールすると、Windows XP / Vista のように複数アイコンが表示されず、1つのアイコンにまとめられ表示されます。その1つにまとめられたプリンターのアイコンを右クリックすると異なる設定を識別することができます。このことを知らないとプリンターが追加されていないように認識してしまいます。ご注意ください。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

Windows プリンター基礎  

「パソコンからプリンターに印刷をする」ことは一見簡単そうですが、実は結構、いろんな要素が絡み合い複雑で一様ではありません。ベテランのパソコンユーザーでもプリンター印刷で思い通りにならず、四苦八苦した経験をお持ちの方も多いと思います。それでは、どのような構成要素がるのでしょうか?

1. パソコン本体とプリンターの接続(USBかネットワークか)

2. パソコンのOSは何か(Windows XP , 7 , 32Bit or 64Bit )

3. プリンター本体の種類(インクジェット、レーザー)

4. プリンタードライバーの種類(プリンターメーカー製、OS標準)

5. 印刷を行うアプリケーションは何か(Excel Word ブラウザ 写真印刷)

このように組み合わせは膨大な数になります。また、やっかいなのは、全体を1企業がカバーしていないため、連携が取れていないとうまくいかないし、また、不具合が発生した場合の原因切り分けも難しいです。個人ユーザーの場合は、これを一人で面倒みないといけません。


種類
インクジェットとレーザープリンター(ページプリンター)と大きく2つ種類があります。インジェットは家庭用でレーザープリンターは企業向けですが、最近は境が無くなりつつあります。 


接続方法
PCプリンターは直接PCに接続するローカルプリンターとLANなどのネットワークを通して接続するネットワークプリンターの使い方がある。

ネットワークプリンターはネットワークにつながる複数のユーザーでプリンターが共有できる。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

Word ページ設定での注意事項  

プリンタ ドライバのプロパティを変更して用紙サイズ、印刷の向き、またはページ余白を指定して、Word 文書を印刷すると、用紙サイズ、印刷の向き、またはページ余白がプリンタ ドライバのプロパティで指定したものとにならず、Word 文書の [ページ設定] の設定になります。この仕様の対象バージョンはWord 2000,2002,2003,2007です。

Word のページ設定はセクション単位で設定でき、Word 文章とともに保存される。セクションとは1つのWord文章を論理的に分ける単位です。

category: PC-印刷

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

カウンター(2012/3/10以降)